Sponsored Link

「とりあえず3年」だらだら働く3年と濃密な3年はどっちが有益?

とりあえず3年
Sponsored Link

「3年間、修行をすることが時代遅れなのではないか?」
そんなテーマがネットで話題になっている。

明確な統計がないのであくまで推測ベースで考えると、これは古くからある問題だろう。
昔から「技術の習得には時間がかかる」って考えが当たり前に思う人たちがいて、
クリエイティブな社会の到来で一気に可視化された可能性が高い。

こうした話題が持ち上がると、一般的な仕事も3年は必要だろって議論になりがちだけど、
働いた期間と比例して技術が向上するわけではない。

だからこそ、「とりあえず3年は続ける」考えに固執している人に爆発しろって言いたい。

すりちゃん
今日のかわばたは、切り込んでいくね〜!
管理人かわばた
これからの時代、下積み論を鵜呑みにしていたら時間が勿体無いと思うんだ

「経験年数 = 市場価値」だと思ってないか?

勘違いしていないか気になっていたことがある。
若手社員の多くが「1つの会社で最低3年は働かなきゃいけない」って
きっと迷っていると思うのだが、
経験年数とあなたの市場価値は関係しない。

本当に求められるものは、自分の道を切り開く人材だ。
採用する企業は「コストをかけたくない」のが本音である。
求職者が強い転職市場だから企業もそれなりに費用と時間を入れなければ採用できない。
だから、できるやつが欲しい。

かわばたも開業事業に関わった時に、ベテランさん(10年)を採用したことがある。
一緒に働いてわかったが、必要な技術と挑戦する意欲に欠けていた。
採用コストはもちろんのこと、その他研修費用、その人ができない分の仕事は
代わりの人がサポートすることになったんだ。

すりちゃん
気になったんだけど、自分の道を切り開くって、3年勤めたら自然に身につくものじゃないの?

管理人かわばた
働いた期間で何をしたのか人によって違うから「自然」には身につかないよ!

あなたにとって、会社はどんな場所なの?

「とりあえず3年間働く」ことに不安を感じてきた人に、もう一度考えて欲しいことがある。
会社は成長する機会を与えてくれる場所だと思っていないか?

心当たりがあるなら、現状はぬるま湯に浸かっている指示待ち社員だ。
コストをかけないために、指示を与えて社会の歯車にしてしまう。
このままぬるま湯に浸かり続けると、キャリアの危機を迎えることになる。
そのことに気づいて欲しい。

20代のうちに知っていた方がいい「今後訪れるキャリアの危機」

すりちゃん
今日のかわばたは、パワハラ上司より鬼だよ
管理人かわばた
どうにかしないと、キャリアの危機を迎えたら、這い上がるのがマジで大変なんだよ

成長の機会は自分で作らないと市場価値が生まれない!だから爆発しろ!

成長する機会もそうだけど、働く理由も自分で考えなければなりません。
目を閉じて心に問いかけて欲しい。
未来の自分のあり方を考えることに意味はないと思うけど、
今は、どうしたいの?

成長したい!って気持ちが湧き出てきたなら、目標を決めたら突っ走れるタイプ(目標達成型)
あとは、爆発的に動いていこう!
目指しているところまで、成長できときに次を考えよう!

でも、自分の気持ちがわからないってあなたは、周りの人たちから役割を与えられるタイプ(天命追求型)
自ら爆発的に動いて、全力で頑張っている人を
応援するために力になれることがないか探してみよう。
その中で人から役割をどんどん与えてもらって、市場価値を生んでいこう。

どちらにせよ、圧倒的に量をこなして頑張らなければ何も変わらない。
実績を重視する若手社員に必要なのは、圧倒的行動量!

まとめ

2019年度から外国人労働枠が解放されて、グローバル人材が単純労働できるようになる。
それは「ベルリンの壁崩壊」レベルの大ごとだって言われているよ。
ぬるま湯に浸かる人は危機感を持った方がいい。

この記事を通して、ぼく自身もさらに頑張らないといけないと感じましたし、
同じように「危機感」を感じた方は一緒に成長していけたらいいと思います。

管理人かわばた
キャリアに関することをアップしておりますので、また見に来てくださいね。
すりちゃん
待ってるよ〜!
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です