Sponsored Link

キャリアカウンセラー直伝|はじめての転職者に必要な自己分析方法

Sponsored Link

転職活動を始めたいんだけど、
自己分析や応募方法までどのように進めたらいいんだろう。
→そんな悩みを解決します。

はじめまして。かわばたと申します。(@kawa_turu_oki)
国家資格キャリアコンサルタント(登録番号16250109)と、キャリアカウンセラーを保持してます。

学生時代にワーキングプアの映像を授業で見て、そこから人が働くことに興味を持ちました。
卒業論文では「教育格差と所得格差」について取り上げています。

新卒の会社では、採用コンサル・求人営業2年連続トップセールスを受賞して、
ヘッドハンティングを受けて障がい福祉事業で事業統括を経験しています。
在職中に勉強をしてキャリアカウンセラーを取得しました。(2度チャレンジして取得しました)

現在は、好きなことを仕事にするためにパラレルキャリアを目指しています。
採用コンサル側、採用側の経験があり、キャリアカウンセラーの知識があるっていうのもなかなか珍しいと思っています。

さて、こちらの記事では、「はじめての転職をする方」を対象に記事を書いております。
新卒では就職活動の経験がある方が多いと思いますが、転職活動は評価基準が全く異なります。

新卒 → 可能性
中途 → 実力

中途採用を希望する企業は「会社に継続的な利益をもたらしてくれる人」を欲しがっています。
そして会社が描くビジョンにどれだけ共感しているかというところも採用の重要なポイントになります。

じゃあ、それを踏まえて、あなたができることを、どうアピールしていくのか・・・
自分自身と向き合って、一つずつ答えを出していくことが近道になります。

この記事では、転職活動に関する「いろは」を説明しながら、
あなたの「強み・やりがい」だけでなく、
なんのために働くという「労働の価値」を考えるきっかけになると思います。
本当にやりたい「適職」と自分らしさを見つけるためにぜひご活用ください。

もし不安なことがあれば、(@kawa_turu_oki)まで、お気軽に連絡いただければと思いますのでどうぞ宜しくお願いします。

→新米キャリアコンサルタントかわばたの簡略プロフィール

自己分析から応募書類作成までの流れは「目次」をご確認ください。

自己分析

転職活動を行う際は「自分自身のことを知る」ことからはじめて行きます。

・自分の趣味、価値観、能力
・何ができるのか、何がしたいのか
・強みは?弱みは?

もし、あなたが誰にも負けない強みって何ですか?と聞かれた場合、
すぐに答えることができますか?

「うーんっなんだろう・・・」と考えてしまう方がもいるかもしれません。
しっかりと自分と見つめることができれば「問題なく」自分らしさをアピールすることができます。

今働いているし・・・そんな時間はとれないよって方でもスムーズに自己分析できるように

「ツール」を用意しております。特に、何があっても犠牲にしたくないもの、大切にし続けたいものを
5分で調べる無料ツールがあるぞ!に関しては、キャリアカウンセラーだからこそ教えられるツールです。
無料でかつ客観的な深い自己分析ができますのでオススメです。

もしお時間のある方は、ミッションステートメント・やりがいリスト100を作ることで、
「何のために働くのか」指針を設定することができますので、非常にオススメです。

自己分析のポイント
「何ができるのか、何がしたいのか」
「強味、弱みの把握」

\こちらの記事に詳しく書いています/

→何があっても犠牲にしたくないもの、大切にし続けたいものを5分で調べる無料ツールがあるぞ!
→キャリアカウンセラーが教える自己分析のやり方【転職】

\自分の軸を作りたい方におススメの記事/
→はじめてミッションステートメント作る方にオススメ!手順と例文
→やりたい事リスト100を作ると、行動力が生まれて自信が手に入るぞ!8つのタイプにわけてキャリア・ライフデザインしてみた!

環境状況分析

今おかれている状況を「見える化」することで客観的に物事を判断できる基準になります。
以下の5項目を分析することで、目標がやりやすくなります。

お金の余裕
転職先の難易度
家庭の状況
人的支援
健康状態

例えば、
経済的な状況が苦しいけどすぐに辞めたい → 希望しているお仕事に就きたい。

1回の応募で決まればいいですが、もしも不採用になった場合は就職活動が長引きます。
1回に思いをぶつけるのも大切ですが、リスクヘッジも大切です。

このように、勢いだけの転職ではなくなりますので希望しているお仕事にどうやって就くことができるか。
冷静に考えてみましょう。

\こちらの記事に詳しく書いています/
希望しているお仕事に転職したい方必見!環境状況分析で「見える化」しよう!
【転職検討者必見!】キャッシュフロー表を無料で簡単に作る方法|テンプレート有
【転職検討者必見!】ライフプランニングを無料で簡単に作る方法|テンプレート有

目標設定

就きたいお仕事が明確な方や、ぼんやりとしいる方がいると思いますが、
それぞれで決めることが異なります。

就きたいお仕事が明確な方 → 採用につなげるために何が必要なのか
ぼんやりしている方 → 何を重視して働きたいのか

自己分析や環境状況分析を通して、
「価値観が明確化」・「就活期間が明確化」されていると思いますので、
目標も立てやすいかと思います。

ここで一つ気にして欲しいポイントがあるんですが、
就きたいと思っている就職先や業界が本当に自分に合っている会社なのか調べることです。

転職失敗した・・・という声を見ると、入社後に条件が変わっていた・理想の会社じゃなかった・・・
など、「把握しきれていなかった」ために起きる問題が非常に多いです。
わたしも転職した際に、「条件・・・違うくんじゃない?」という経験がありますが
入社後に気づいても遅いんです。

だからこそ、目標を決めた時点で「理想から現実」につなげる作業も必要なんです。
例えば、OB訪問、会社見学、会社体験など、面倒に思うこともあるかもしれませんが、
あとあと失敗だと思う方が面倒です。

・エージェントを使ったり、求人サイトから自分で連絡して対応してもらう必要があります。

転職を繰り返すと市場価値が下がる人もいますから、失敗しないためにもぜひ検討してください。

→ガントチャートなどを利用して、スケジュールと作業内容の見える化を行うことで
計画的な就職活動を行うことができます。

\合わせて読みたい記事/
再就職でうまく定着するための鉄則【3カ条】
20代のうちに知っていた方がいい「今後訪れるキャリアの危機」
【体験談】20代中盤ヘッドハンティングで事業部長に。年収は下がったけど後悔しなかった話

応募書類の作成

今まで分析したことを活かして、書類の作成にあたります。
ここでも履歴書は市販でいいのか?PCでいいのかなど細かい疑問も出てくると思います。
以下のまとめ記事に詳細を書いておりますのでぜひ参考にしてください。

応募書類を突破するには、履歴書+職務経歴書+添え状が必要になります。

履歴書 → 志望動機、強み・弱み、趣味・特技など内面的なことを書いていきます。
職務経歴書 → 今までどんな業務に関わって、どのように実績を出してきたのか書くことができます。

さらに、書いた後は「コピーをとって」面接までに、言葉の価値観を説明できるようにトレーニングが必要です。

例えば、
向上心がある → あなたにとって向上心とはなんでしょうか?
新人教育ができます → あなたにとって新人を育てるということは、どんな意味があるんでしょうか?

自己分析だけでは、思いつきで答えてしまうこともあるかもしれませんが、
「なんのために働くのか」働く理由を明確にすることで、価値観に関する質問をクリアすることができると思います。

あなたの魅力を増すことができます。

\こちらに詳しく書いています/
キャリアカウンセラーが教える転職の応募書類の役割について
【転職】履歴書それで本当に大丈夫?キャリアカウンセラーが伝える書類の書き方講座!
【転職者必見】初めてでもわかる職務経歴書の書き方・テクニック
【就活・転職】封筒の選び方に悩んでしまう方必見!【完全版】
キャリアカウンセラーが伝える転職活動の意外な落とし穴。添え状は送付してる?

\自分の軸を作りたい方におススメの記事/
→はじめてミッションステートメント作る方にオススメ!手順と例文
→やりたい事リスト100を作ると、行動力が生まれて自信が手に入るぞ!8つのタイプにわけてキャリア・ライフデザインしてみた!

まとめ

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
【完全版】キャリアカウンセラーが伝える自己分析から応募方法まで取り上げていきましたが
いかがでしたでしょうか?

あなたが就きたいお仕事につけるように全力で応援しておりますので、
もし気になることや話を聞いて欲しいことがあれば(@kawa_turu_oki)まで、連絡ください。

・エージェントはこれから調べるのでもうしばしばお待ちを〜!
求人コンサル・広告の営業マンだったので、「ほかのブログ」には無い視点を
取り入れていきたいと思ってます。

出来上がったらまとめていきますので有益な情報を伝えられるように頑張りますね〜!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です