Sponsored Link

30万も払ってキャリアカウンセラーになりたかった理由

Sponsored Link

かわばた(Twitter)がよく、
キャリアカウンセラーって言ってるけどなに?
なんのために資格とったの?
→お伝えします!

わたしは、社会人になった時から「キャリアカウンセラー資格」を取得したい!
と決意していて、社会人3年目の頃に30万円を握りしめて養成講座に通いました。

試験に向けて勉強に力を入れるも、不合格。

管理人かわばた
あれはね〜全米が泣いたね
すりちゃん
全米はかわばたのために泣かないよ。

2度目の試験で筆記試験と実技試験に合格することができました。
合格するまでにTOTAL50万ほどかかっています。

若手社会人にとって「50万円」ってすごく大きな金額でしたが、
なぜ、そこまでしてキャリアカウンセラーの資格が欲しかったのか。

今日は、「かわばたとキャリアカウンセラー」に焦点を当てて取り上げていきます。

管理人かわばた
さすがに累計50万って・・・そのおかげで今がある!多少戻ってきたけどw
すりちゃん
前向きだね

この記事を読んでざっくりわかること
・社会人になって何かに頑張ることはいいこと
・自分らしく働くために必要な資格

キャリアカウンセラー(コンサルタント)とは

キャリアカウンセラーとは、「その人らしい生き方、働き方を支援する人」のことです。
資格を取得するまでは、このような手順が必要です。

養成講座 → 試験(1次試験:筆記 2次試験:実技) → 合格発表

更新制なので合格した後もお勉強が必要なんです。
国からも期待されていて、平成36年度末に国が10万人のキャリアコンサルタントを
育てたいと発表されてますので、将来有望なお仕事ですよ!

→ここのサイトからキャリアカウンセラーを調べることができます。https://www.j-cda.jp/cda/index.php

なんのために資格を取得したの?

過去の経験でいろんな人に助けてもらったからです。
学生時代に就職活動に苦労しました。
恥ずかしながら沖縄県内で26社の採用試験を受けてほぼほぼ落ちちゃって、
そんな時に就職課の先生がサポートしてくれたんです。

その時の気持ちって、藁にもすがる思いだったから本当に助かった。嬉しかった。
自分も同じように困っている人のために仕事の相談に乗りたい!と思ったことが最初のきっかけです。

ちょうど、授業でワーキングプアについても勉強していて、
卒業論文では所得格差と教育格差をテーマにしていたので尚更、
人が働くことに興味があり、資格を取得しようと思っていました。

かわばたのキャリア

今までのキャリアにおいても人の採用に関わるお仕事をしてきた。
新卒で入社した採用コンサル・求人広告業時代に主任に昇格した年にお誘いがあって、
教育系(障がい福祉事業)で事業部長を勤めた経験がある。

採用コンサル・求人広告
企業の人事や社長さんが求めている人をどのように募集するか一緒に話し合って、
スタッフインタビューを取りながら求人採用につなげるお仕事

教育系(障がい福祉事業)
放課後等デイサービスって事業の立ち上げから採用・現場教育など幅広い業務や、
子ども達と関わるお仕事

つまり、今までのキャリアで見ると、
採用側の経験と、求人広告を出す企業の裏側を知っている。

今までの業務の延長線上に直接支援があって、今まではチャンスがなくてができなかったけど、
ようやく経験積んだ今だからこそ、自分に「サポート」ができるんじゃないかと思って、
キャリア系のブログを立ち上げたと言う経緯もあるんです(笑)

管理人かわばた
人生一回きりだから、自分が納得いくようにやりたいな!ほんと!
すりちゃん
応援しているぞ!

社会人の資格取得ってほんとおすすめだよ

教育訓練給付制度を使うと、厚生労働省が指定する条件に当てはまれば
学費の一部を国が出してくれる制度です。

こちらを参考に
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/jinzaikaihatsu/kyouiku.html

講座料が2割程度だったと思いますが、戻ってきました!!
自分のやりたいことが明確になるし、将来の幅を広げられるものが資格だとおもう。
実務経験に直結する資格、あるいは独立を検討できる資格がオススメだよ!

まとめ

最後までお付き合いいただき本当にありがとうございました。
これからもぜひ応援してね(^ ^)

管理人かわばた
ぜひ宜しくお願いします!
すりちゃん
応援しているぞ!
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です