Sponsored Link

【新入社員】気の合う同期だけ大切にした方がいい3つの理由

Sponsored Link

エン・ジャパン株式会社のアンケートで同僚との人間関係に
ストレスを感じる方が約3名に1人いることがわかりました。

会社の同期

出典:エン・ジャパン株式会社

どうもキャリアコンサルタントのかわばたです。
私も以前同じような状況があり「同期全員と仲良くしないといけないの?」
と考えて、精神的にヘトヘトになってしまいました。
本音では、「気が合う人だけ」付き合いたいな〜なんて、
思っていたんですが、実際に「気が合う同期」だけ大切にすることで
人間関係のストレスを感じなくなるどころか、仕事もモチベーションが上がり
働きやすくなりました。

この記事では「気が合う同期だけ大切にしたほうがいい3つの理由」を
書いていきます。
ぜひ同期の人間関係でお悩みの方は最後までお付き合いください。

どうやっても気が合わない同期はいる

別に仲良くする必要はない

上司から「同期は大切にしろ」って口すっぱく言われていると思うけど、
全員と仲良くする必要はありません。

なぜなら「気が合わない人」と付き合っていくって、
精神的に余裕がなければできないことだからです。
新入社員時代は、新しいお仕事を覚えて定着させること、がむしゃらに
動き続けることがお仕事ですので「精神的な余裕」って生まれにくいんです。
今この段階で「気が合わない人」と関わりを持つと、
生産スピードの低下につながりあなたのパフォーマンスを落としてしまいます。

我慢して付き合う必要はない

我慢して付き合うと、パフォーマンスに影響が出てしまいます。
同期との関係を気にするがあまり、パフォーマンスを低下させてしまうことは
本末転倒になってしまいます。
「会社は仲良しグループ」を作る場所ではありません。

自分に正直になろう

「気が合わない同期」と無理して付き合うよりも、
「気が合う人を限定」したほうがパフォーマンスを高めることができます。
あなたが本当に付き合いたい「同期」を心の中で選んでみませんか?

体験談

ぼくも「同期全員」と仲良くしたいと思っていましたが、正直無理でした。
カウンセラーの資格を持っているので、対人関係には自信があるんですが、
気が合わない人と関わることって、「ものすごいストレス」です。
けど、その人と距離を置いても「仕事には影響出なかった」ですし、
むしろ「ストレスフリー」で会社生活を過ごせたので勇気ある決断だったと
思います。
しかし、気の合う同期は大切にしたほうがいいです!

気が合う同期が大切な理由3選

よき理解者になってくれる

あなたが、迷ったり・困ったりした時に相談に乗ってもらえる「気の合う同意」がいると、
精神的な安定を保ち続けることができます。
さらに、あなたのことを全力で応援してくれますので前向きな気持ちになれます。

協力をしてもらえる

同期がいろんな部署で活躍していると、困った時に助けてくれることもありますし、
キャリアを積んで行った時に「一緒にプロジェクト」を立ち上げることができます。
同部署以外の人たちと協力しながら組む場合もありますので「大きな力」になると思います。

会社を辞めた後も相談できる

「あなたの仕事に関すること」は、昔からの友人よりも理解していると思います。
お互いの知っているスペースが増えると、理解し合いやすいんです。※1
会社を共にしていたということであれば、
社会人スキルもお互い理解し合えているので「お仕事の相談」は、客観的な意見を
聞くことができると思います。
さらに、プライベートの話もしているのであれば「今現在のあなたの価値観」を理解
しているので、こちらでも客観的な意見を聞けると思います。

※1ジョハリの窓

同期と馴れ合いの関係にならないための環境づくり

鏡の法則を使う

鏡の法則(心理学)で、自分の周りの人達や出来事は、自分を映し出しているという投影であるという考え方があります。
例えば、
笑顔で対応 → 相手も笑顔になる
怒りでで対応 → 相手も起こってしまう

つまり、自分が「相手に依存」しすぎると、相手も同じように依存してきます。馴れ合いの関係になると、生産性が低下しますので注意が必要です。

切磋琢磨して、成績を残す

同期が頑張っていると、自分も頑張らなきゃとモチベーションを高めることができます。
また、ノウハウをお互い共有し合うことで、さらにレベルアップすることができます。

程よく食事・飲み・勉強会へ参加する

程よく付き合って、一緒に社外のコミュニティーを増やしにいく関係になることをおすすめします。
会社の中以外の価値観に触れることで、同期の関係もさらに刺激あるものになります。

まとめ

最後までお読みいただいて本当にありがとうございます。
【新入社員】気の合う同期だけ大切にした方がいい3つの理由は、いかがでしたでしょうか?
気の合う同期を大切にすることで「お互いにとって大切な人間関係を構築」することができます。
自己の理解者、協力者の存在は組織で務める上で非常に重要です。
ぜひ「無理をせず」気の合う人だけで付き合ってみてはいかがでしょうか?

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です