Sponsored Link

仕事ができる人の特徴3選!できる人間になれる可能性は平等!

Sponsored Link

仕事ができるようになるにはどうしたらいいですか?
周囲から憧れられている先輩みたいに、
仕事が出来て信頼される人間になりたいと思っています。
→そんな悩みを解決します。

この記事を読んでわかること
・仕事ができる人は3つの特徴がある
・誰でもできる可能性がある

わたしの憧れていた先輩や、仕事ができる友人には3つの特徴がありました。
そして、「誰にでもできる可能性がある」って感じることが
できたのでよかったら参考にしていただければ幸いです。

3分ほどでサクッと読める記事です。

仕事ができる人になるために

みんなから慕われている人って憧れますよね。
そんな人になりたいな〜と思っても、なかなか慣れるものではありませんが、
3つのことを意識するだけで「憧れられる存在」になる可能性はあります。
できる人の意識を育てていきましょう。

仕事ができる×スピード

優先順位の決め方が上手で要領がいいので「スピード」を感じることができます。
そんな人達って特徴があって「まとめ」作業をすることが多いんです。
いわゆる考えながら動くってやつです。

例えば、
打ち合わせがある × ポスティングする
PCのデータ管理ファイルを作る × 検索で探せるような名前で登録する
1度成功した仕事はまとめる × 型ができてテンプレート化できる

など、ついでの工夫することで「時短につながりスピード」が上がります。
0から作成するのには時間がかかるけど、1を工夫していくことって、
作業的に早くなると思いませんか?

仕事ができる×コミュニケーション

リアクションが大きかったり、会話の中に笑いが増えると社内の知り合いが増えます。
よく、コミュニケーション能力は〜って話を聞いたり、目にしたりすることがあると
思いますが、信頼につなげるコミュニケーションとは、
相手の話を聞くことだと思います。

できる人って、みんな話を聞いてくれてたんです。

具体的にいうと、会話をしていて疑問に感じたり、価値観が違うな!って感じると、
反論しちゃうこって一般的に多くあると思うけど、そこですぐに突っ込むのではなくて、
「それってどういうこと?」って聞くこと。

あ〜〜そういうことね。を増やしたり、その考え方が面白いねなど、
違いを共感しあえると「信頼」が高まります。

仕事ができる×遊び人

遊び上手っていうのは、「異性で遊ぶ」とかそういうことではなくて、
仕事とプライベートを表裏一体と考えていて、
なんでも全力で楽しそうに取り組んでいる人のことです。

自分がブランドってタイプの考えをしています。

なので、話の中に嘘や偽りがないし、自分だけじゃなくて周囲も楽しませてくれる。
主体的な人が多いと思います。

まとめ

最後までお付き合いいただいてありがとうございました。
仕事ができる人の特徴3選!できる人間になれる可能性は平等!について
いかがでしたでしょうか?
・スピード、コミュニケーション、遊び人を考えるだけで、
憧れと信頼を手に入れることができるようになると思います。

どのようにしたらいいのか迷っている方は「ぜひ検討」してみてはいかがでしょうか?

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です