Sponsored Link

第一希望の転職先に合格したい!環境分析で「状況を見える化」しよう!

環境状況分析
Sponsored Link

転職活動をしたいんだけど、どういう風に進めていけばいいかわからない・・・
何から手をつけたらいいの?
・・・そんな悩みを解決します。

この記事を読んでわかること
分析することでメリットがいっぱいある
希望の職種に就くためにどうしたらいいのか冷静に考えられる

初めての転職活動って、ほんと何考えたらいいのか・・・
初めてのことは「誰でも」わからないものだと思います。
今日の記事では「転職活動の計画を立てるために必要な環境分析」の方法をお伝えします。
もしも、勢いで退職しちゃって、転職活動期間中に貯金がそこをつきました・・・・って
結果になると希望している転職先へ就職できなくなってしまいます。

極端な例でしたが、ちゃんと考えるためには、分析と対策が必要なんです。
ぜひ最後までお付き合いください。

書いている人の信憑性
→国家資格キャリアコンサルタント保持 かわばたのプロフィールを見てみる

→合わせて読みたい記事
【転職検討者必見!】ライフプランニングを無料で簡単に作る方法|テンプレート有
【転職検討者必見!】キャッシュフロー表を無料で簡単に作る方法|テンプレート有

環境状況分析は何を分析するの?

転職活動をうまく進めるために今おかれている環境を「見える化」する必要があります。
例えば、家族がいる場合「転職期間の資金」をどのようにやりくりしようか・・・とか、
雇用の環境を調べて「転職しやすい業界」はどこなんだ・・・とか、
あらかじめ調べることで計画を立てられますので、実際に行動する時に非常に役立てることができます。

すりちゃん
環境状況分析って、なんとなくわかったけど具体的にどんなことを分析するの?
管理人かわばた
4つの観点から考えてみるとわかりやすいよ!

経済的な状況

→現在から将来にかけての財産、収入、支出、借入金などの状況と将来予測

雇用環境

→景気、希望する職業に関する求人、求職の状況、今後の見込み

家庭の状況

→健康、就学、就職、扶養・勤務地の制約

人間関係

→助けてくれる・応援してくれる人たち

特に重要なポイントは、お金に関すること、家族に関することです。

転職活動期間に十分な蓄えがないと、お金の消費とともに「焦り」
出てきて希望しているお仕事につけない可能性があります。

そして転職後、収入が下がる場合は、下がった分のお金をどこかでカバーするか検討しなければなりません。
支出を減らしたり、本職とは別のところからお金を調達したりなど、
事前の対策があると安心して転職活動をすることができます。

また、もしも家族がいる場合は、パートナー・お子様にも影響が出ますので
なおさら「分析・対策」が必要なことになります。

すりちゃん
状況分析って超重要だね!
管理人かわばた
そうそう!「見える化」する作業は大変だと思うけど、問題を先送りにすると必ず自分に返ってくるから「やること」がさらに重要だよね!

本当に行きたいところへ転職するためには・・・

環境状況分析を通じて「見える化」するとこのようなことを検討できます。

経済的な状況 → 転職活動に必要なお金
雇用環境   → 転職しようとしている業界の難易度
家庭の状況  → 転職後の家族への影響
人間関係   → 転職の協力者

では、本当に行きたい職業に転職するためには
「状況を見える化」した後に「対策」を検討する必要があります。

例えば、
就職活動に必要なお金がわかると → 活動の期限・タイミングを検討できます。
あまり使えるお金がないことが判明した場合は、
「お金をもらいながら在職中に転職活動」をしよう!など対策を考えられます。
さらに、転職する業界の年収が下がった場合は、「共働き」をする選択肢なども対策立てられます。

失敗しないための転職を検討する場合でも「転職の協力者」を探して、OB訪問や紹介採用など
転職活動の幅を広げることも可能になります。

だからこそ、希望している職種に転職する上で「環境状況分析」は、やるべき活動なんです。

「お金を見える化」するためには、ライフプランングとキャッシュフロー表を考えるといいですよ〜!
【転職検討者必見!】ライフプランニングを無料で簡単に作る方法|テンプレート有
【転職検討者必見!】キャッシュフロー表を無料で簡単に作る方法|テンプレート有

まとめ

最後までお付き合いいただいて本当にありがとうございました。
希望しているお仕事に転職したい方必見!環境状況分析で「見える化」しよう!についていかがでしたでしょうか?
漠然としていることを「見える化」する方法を紹介しましたが、
本当に転職活動に役に立つんです。

特に大事なポイントは「見える化」→「問題の把握、対策」をすることです。

もしも、計画を立てずに勢いで退社してしまった場合、

「貯金がなくなる」→ 転職できない・焦る → 空回りする

負の連鎖が始まります。
希望しているお仕事につけなくて、キャリアチェンジを繰り返すと、さらに市場価値が下がります。

ぜひ希望している職種に転職するためにも「環境状況分析」を行って見てはいかがでしょうか?

合わせて読みたい記事
【体験談】20代中盤ヘッドハンティングで事業部長に。年収は下がったけど後悔しなかった話

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です