Sponsored Link

【新入社員】マジで同期がうざいと思った時の対処法

Sponsored Link

いつも我慢して笑顔で対応してたけど、もう限界!
普通の人ならもう無理!
同期の対応に不満が溜まり過ぎて爆発しそう!
→そんな方にオススメの記事です。

この記事を読んでわかること
・うざい同期の対応方法
・自分で解決できない場合は手助けしてもらおう

どうも!キャリアコンサルタントのかわばたです。
ぼくも「同期 うざい 嫌になる」そんな経験があり、
仕事中目に入るだけでも「うざっ」って思ってしまったこともあります。
カウンセラーの資格を持っていても、嫌になることもあるんです。
これも、人間である証のような気がします。
うざい同期に対する対処法を記事にしましたので、
ぜひ最後までお付き合いください。

うざいと思うタイミング

自分のやり方を押し付けてくる

・お前のやり方よりも、俺のやり方のほうが効率いいよ

・お前のやり方は間違ってるのに、なんでそれでやるのか説明しろ

・この前行ったやり方、まだやってないのかよ・・・

自分の思い通りいかないことが嫌で人に強要してしまうタイプの方。

しつこいお誘い

・今日飲みにいかね?→いけないんだ→俺と飲むのが嫌なのかよ

・今日飲みにいかね?→いけないんだ→1軒だけ行こう!1軒だけだぞ

人の時間を気にせず、自分の欲求を満たすためにしつこいタイプの方

批判ばかりしている

・話をしているときに、必ず自分のことを批判する

・口を開けば、会社の不満や文句ばかり

・できない、やりたくないと言う発言ばかり

批判ばかりしていて、一緒にいてもモチベーションが上がらないタイプの方

今までは我慢できたけど、自分に余裕がないときには、
どうしても「見切り」をつけてしまうこともありますよね。
そんな同期対して、あなたができること・でいないことを分解して考えていきましょう。

自分でできる対処法

適当に距離を置く

・早めに話を切り上げる

・自分から仕事以外のことで声をかけない

・その人がいるところには行かないようにする

一般的な方の意見を知りたくて、人間関係に関するアンケート調査を参考にしたのですが、
多くの人は「適当に距離を置く」と答えていました。
距離を置くことで、相手を嫌な気持ちに追い込まないで済みますし、
精神的な負担なく楽に対処できる方法だと思います。

体験談

ぼくも「距離を取る方法でうざいと思ってしまった同期」の対応をしたんですが、すごくオススメです。
心も楽になったし、何よりもストレスがなくなった。特に業務で困ることは特になかったのですが、
必要なことがあれば、「社内メール」、「要件だけ伝える会話」で対応することができます。

嫌だと思うことをストレートに言う

・あなたが全て正しいと思わないでほしい

・自分の時間も大切にしてほしい

・批判ばかりされると、モチベーションが下がってしまう

今まで溜め込んでいた気持ちを「うざい同期」に改善してほしいと伝える方法です。
伝える時のポイントは、感情的にならず、落ち着いた口調で伝えることです。
相手の話も聞きながらお話できると、あなたの社会人レベルもアップすることができます。
なによりも、「うざい根源」を断ち切ることができますので、今後関係改善できるかもしれません。

仕事上の付き合いだけで対応する

・プライベートは付き合わない

プライベートの時間は絶対に付き合わないと決める。
例えば、ランチ、飲み会、遊びなど、様々な時間にお誘いがあったとしても
「忙しい」を貫き通す。断固たる決意が必要です。

自分だけではどうにもならない場合の対処法

上司に相談する

・同期の○○が原因で「仕事に影響」が出ていると伝えると、上司も動かなければなりませんので、
上司を通して伝えてもらうのも一つの手段です。

人事部に相談する

・どうしても精神的に耐えられない場合は、人事部に相談して
「組織の中の人間関係について、個人・組織でどのように対応したほうがいいのか」
アドバイスをもらう必要があります。
あなただけで悩まずに、組織に相談するる手段もあります。

キャリアカウンセラー・コンサルタントに相談する

こちらから無料相談をすることができます。
・https://jobcard.mhlw.go.jp/carrerconsulting.html
具体的な相談を行うことで「専門的な対応」を行うことができます。
もしも精神的な影響が感じられた場合は、「関係機関へ紹介」するサービスもあります。

まとめ

最後までお付き合いいただき本当にありがとうございます。
【新入社員】マジで同期がうざいと思った時の対処法はいかがでしたでしょうか?
人間関係の悩みは「組織に属すると必ず」起きるものです。
そんな場合は、・自分で対応する ・協力してもらい対応していく対応が必要ですので、
あなたが「どのようにしていきたいのか」考えながら進めてみましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です