Sponsored Link

緊張して面接官の顔が見れない!面接の苦手意識を和らげる方法

Sponsored Link

対人関係に苦手感を感じていて、
就職活動や社会生活でも人間関係に悩みを抱えている。
特に緊張すると面接官の顔が見れなくなるほど身体が硬くなってしまう・・・
→そんな苦手意識を持った方、ぜひ最後までお付き合いください。

この記事は、「あなたの自身を根っこから改善する」ような改善系の内容ではありません。
無理に改善を心がけようとすると、「心が疲れて」しまいますし、
生まれ持った気質がありますので人の影響で動いちゃうとしんどいんですよね。

最後までお付き合いいただければ、「面接準備」を通して苦手意識を和らげる方法を
お伝えできます。3分くらいで読めるように「見出し」に内容を詰め込みましたので
少しの時間お付き合いよろしくお願いします。

記事を書いている人
→国家資格キャリアコンサルタント・キャリアカウンセラー保持者
管理職で採用担当の経験あり

苦手意識があってもいい

つまづいたっていいじゃないか にんげんだもの

相田みつをさんの言葉をお借りしましたが、人間、できることとできないことがあって十人十色。
会社の中を見ても、いろんなタイプの人がいて同じタイプを集めることはありません。
なぜなら、それぞれの役割にあった人を適材適所に配置した方が企業が成長するからです。

例えば、
分析上手で行動力のある人 → 営業マン
数字に強くて細かい人 → 経理
全体の把握が上手で観察力のある人 → 総務

など「得意・適正」を判断して組み立てていきます。
だからこそ、「苦手」なことよりも「得意なこと」に注目するべきだと思います。

だって「得意なこと」がない

そうはいっても、「得意なことがない」という方もいます。
自分で得意なことを見つけられない方は一人で考えずに「外部の機関」を頼ることをオススメします。
理由は、自分の中で「苦手なこと」と思っていても、相手から見ると「すごい!」って言われることもあります。
客観的な視点を持った専門家と相談することで道が開けるかもしれません。

専門家の紹介

ジョブカフェでは、各地域の特色を活かして就職セミナーや職場体験、
カウンセリングや職業相談、職業紹介などさまざまなサービスを行っています。

・ジョブカフェ一覧 →こちらをクリックhttps://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/jakunen/jobcafe.html

こちらの記事を参考にしてください
→会社も仕事も好きだけど、辞めようと悩んでる方!ちょっと待った!

こちらでジョブカフェの説明をしていますので参考にしてください。

どんなことができるの?

・客観的な意見で「得意」を見つけ出す作業
・緊張して面接官の顔が見れないことを和らげるために練習できる

カウンセリングを通して、話の交通整理を行ったり、
ソーシャル・スキル・トレーニングを行います。

ソーシャル・スキル・トレーニングって?

・緊張して面接官の顔が見れない という問題を分解して練習することを言います。

このように分解します。
・ゆっくりと歩き静かに座る
・相手の目を見る
・相手の話を頷きながら聞く
・ゆっくり落ち着いて話す
といった行動に分けて、見本を見せたり、ロールプライしたりフィードバックしたりしながら
苦手意識を和らげるトレーニングを行います。

面接で「緊張する」からこそ、面接の場を想定して「徐々」にできるようにしていきます。

まとめ

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
緊張して面接官の顔が見れない!面接の苦手意識を和らげる方法はいかがでしたか?
苦手なことを克服するのはとても体力のいることですが、徐々に「和らげる」ことは
できると思います。
「いつもの自分が出せる」面接になるように、応援しています。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です