Sponsored Link

パラレルキャリアの思考で自分らしいキャリアの積み方が実現できます!

Sponsored Link

毎日同じ仕事の繰り返しで、飽きが来てしまうし、
全然面白くなくない。周りに迷惑もかけちゃうし、毎日がつまらないな・・・・
→そんな悩み解決します。

同じ仕事を繰り返しているとモチベーションの維持って難しいですよね。
「モチベーションの低下」→「働く意義」をなくしてしまうと、
どんな人でも楽しく働けなくなってしまうと思います。

でも、ここで「すぐに転職」を考えるのではなく、
パラレルキャリアを目指すと本当に今までの価値観が「ガラっ!」と変わる!
→転職を繰り返しても「自分にあうコンセント」は見つかりにくいものなんです。(年収下がるし・・・)

1つの組織という小さいところだけ勤めていると、狭まった人間関係・視点になってしまいますが、パラレル的に動いていると、本当にいろんな生き方をした人たちと出会うことができます!
しかも、そんな人達って共通の特徴があって「若者が思いを持って頑張っている」と応援してくれます。
「好きなことができる」→「人から応援される」→「自分に自信がつく」
最強に人生楽しいサイクルが回り始めると思いません?
つまらない毎日の発散ができますし、自分のモチベーションを高めることもできる!
今までの「感覚」に変化があるかもしれません!

この記事では、同じ毎日がつまらなくて「モチベーション」を落としてしまっている人に
パラレルキャリアの魅力を伝えていきます。

パラレルキャリアを歩むと感じるメリット・デメリット

パラレルキャリアは本当に、刺激的で多くの人に出会えたりする反面、
本業が大変な時にも活動しなければならないこともありますし、
ダラダラできる時間もなくなります。

でも、人との出会いを通して可能性を広げられると思うと、
楽しくてやめられなくなる中毒性がございます。

パラレルキャリアのメリット

・かなり刺激がある
・普段会わないような人と出会える
・周囲の友達から「頑張ってるね!」と応援される
・仕事できる感が生まれる

パラレルキャリアのデメリット

・疲れていてもやらないといけないことがある
・苦しい時期もある
・Youtubeやテレビを見る時間がなくなる

パラレルキャリアをしていない方のうち、8割以上が「興味がある」と回答

パラレルキャリアには興味があるけど、「何をしたらいいのかわからない」そんな人達も多いようです。
出典:https://corp.en-japan.com/newsrelease/2016/3206.html

確かに、はじめるまでは何をしたらいいんだろう・・・とか、
踏み出す一歩目が100キロの重りを付けられているような感覚になります。

できない5つの理由

アンケート調査から抜粋したのですが、このような5つの理由があるようです。

・「明確に何がしたいか定まっていない」
・「どう始めていいかわからない」
・「本業が忙しい」
・「副業が禁止されている」
・「始めたいけど、何をどう始めれば良いのかわからない」

ちょっと、アンケートを見て感じたんだけど、

”みんな殻にこもりすぎてない!?”
どれも理由をつけてできていないように感じてしまいます。

・明確でなければならないのか?
・始めかた調べないのか?
・本当に隙間時間を作れないのか?
・お金以外のコミュニティーに属さないのか?
・とりあえず思いつくことやって見た?

など、始める前に「できない理由」を口にするからできないと思います。

1日の時間を分解すると、24時間中(睡眠時間6時間、仕事10時間、残り8時間)
もちろん生活のための時間があると思いますが、平日の隙間時間、休日の仕事がない時間を
使うことで「パラレルキャリア」を実現できる可能性が高まると思います。

まとめ

最後までお付き合いいただいて本当にありがとうございます。
パラレルキャリアについていかがでしたでしょうか?
アンケートの中には人脈が広がる、知見が広がるなど表面的なことを中心に描かれていましたが、
本質的なことを言うと「自己肯定感・自己有能感」を抜群に高められるものだと思います。
「好きなことができる」→「人から応援される」→「自分に自信がつく」
かわばた的に最強のサイクルだと思います。
さらに自分で「やりたいことをする力」は、これからキャリアを積んで定年を迎えたあとにも
確実にリタイアメントプランの作成にも役立ちます。
まだまだ先のことかもしれませんが、ある一定の年齢を超えた後からは、
生活の役割などもありますので、アクティブに行動することが難しくなります。

ぜひ今のうちに行動を起こして見ませんか?

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です