Sponsored Link

元ネガティブが語るポジティブ変換術!【見方を変えるだけで長所に】

positive
Sponsored Link

人から言われたことをネガティブに捉えてしまって辛くなったり、
何をしてもダメな気持ちになってしまう。
そんなネガティブ思考が「あなたの自信」を無くす原因になっていませんか?

実は、ネガティブは「見方を変えると」ポジティブに変換できます。

否定的になってしまう → 深く考えてから行動することができる
ネガティブな考えを持っている → 思考が深い

 

前向きに考えることで、自分を否定することがなくなるので、
心が楽になるし、前向きになって自分に自信が持てるようになると思いませんか?
→今日は、ネガティブな「悩み」を解決します。

→この記事を書いている人の特徴。「元ネガティブ」「お調子者」「我が強い」「声が大きい」

変換すると
・ネガティブ → ポジティブの原石
・お調子者 → 場の雰囲気を明るくする
・我が強い → 自分の意見を持っている
・声が大きくてうるさい → 元気がいい

この記事でわかること
・ポジティブがあなたの生活を変える
・ネガティブ → ポジティブ語に変換

ポジティブになるとどうなるのか?

ポジティブなときに脳で増加するドーパミンには、2つの役割があります。
幸福感を引き起こすだけでなく、あらゆる学習機能をオンにして、
世界に対して違ったやり方で適応できるようにするのです。
心理学者 Shawn Achor(ショーン・エイカー)

児童障がい福祉事業の事業展開に関わっていた時に、
言葉・態度と関わり方で人の気持ちが変化するメカニズムです。
捉え方に置き換えた場合、マイナスな気持ちで捉えたことは、
無気力を招いてしまいます。

筆者も、ネガティブ思考からポジティブ思考に変わったことで、
自分らしく生きやすくなりました。
ぼくの行動力の源が「ポジティブ思考」になっています。
躊躇することがなく動けるって最高ですよ〜!

ネガティブをポジティブに変換!10選

「心配性」
想像力が豊かで、細かなところにも気遣える

「落ち込みやすい」
責任感が強く、自分のことのように物事を考えられる

「内気」
観察力があり、冷静に状況を見ることができる

「短気」
感受性があり、自分の気持ちを素直に表現できる

「計画性がない」
動き出しが早く、動きながら考えることができる

「あきらめが早い」
結果を考察する力があり判断が早い

「傲慢」
自分に自信を持っている

「ルーズ」
常に肩の力を抜いている

「理屈っぽい」
論理的な思考を持っている

「優柔不断」
物事を慎重に考えることができる

さらにポジティブ思考へ変えたいあなたへ

ポジティブになりたいと思った今その時がとっても大切です。
さらに自分を変えて見たい!という方は最後までお読みいただければ幸いです。

まずは自分の中で意味をつけてみよう

日々の生活の中で「ネガティブ」に感じてしまった気になる言葉を集めて、
ポジティブな意味合いに変えてみませんか?

やり方は簡単です。

1気になる言葉を書き出す
2ポジティブに変換する

繰り返し続けていくことで、
「ネガティブ」に変換しにくい脳が作られます。
定着するまでは努力が必要ですが、一度定着してしまえば
あなたの「自信」に繋げられると思います。

まとめ

最後までお読みいただいて本当にありがとうございます。
多くのネガティブ・ポジティブに関する記事を目にされてるかと思いますが、
こちらの記事では「脳で自動的に行われるネガティブ変換」を、
「ポジティブな捉え方」に変換する方法をお伝えさせていただきました。
毎日の継続が思考を変えて「徐々」に変化が現れると思います。
ぜひ一緒にポジティブを手に入れて見ませんか?

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です