Sponsored Link

仕事のモチベーションを高めてくれる「劇団四季のプロとアマの違い」

Sponsored Link

前はモチベーション高く仕事ができたけど、
成果が出ないし、残業があって給与も上がらない・・・
けど、成果を出さなきゃ給与も上がらない!
まずはモチベーションをどうにかしたい・・・
→そんな悩みを解決します。

本記事の内容
・必ず気づきがある「劇団四季プロ・アマの11の違い」
・あなたのモチベーションは何で上がる?

この記事を書いている僕は、
仕事が好きで実績も残したことがあります。
普段は意識高めですが、
モチベーションが下がることもあります。
そんな時こそ「モチベーションを高めるために
自分を変える」方針をとっています。

今回はモチベーションが下がった時に、
意識の高い言葉に触れて自分を鼓舞させることで、
再び気持ちを回復させて高められます。
では、劇団四季のプロ・アマの違いについて取り上げていきます。

意識高い集団!劇団四季とは

みなさまは劇団四季をご存知でしょうか?
「演劇界に革命を起す」という志を掲げて
年間3,000回以上ミュージカルなどを行なっております。

このような動画を見ると「あっ!」この人たちか!
って思う人もいるかと思います。

リトルマーメイド

ライオンキング

トレーニングや訓練が厳しくて
「逃げ出してしまう方」もいるとのこと。
しかし厳しい訓練にも耐えて、
モチベーションを高く保てる方と、
すぐやめてしまう方の違いってなんなのでしょうか?

劇団四季の記事で取り上げられていた
「プロ・アマ」の違いに触れて、
モチベーションを高めるきっかけにしていただければ幸いです。

劇団四季から学ぶプロ・アマの11の違い

プロとアマの違いの記事を読んで感じたことは、
意識とモチベーションの差が天と地ほど違っていました。
モチベーションが下がっている時は、11の違いについて
どのように見えるのでしょうか?

その1プロは挨拶がすべて

→アマは挨拶の重要性をわかっていない

劇団四季では「挨拶ができない人=仕事が成立しない人」と
考えられているようです。

仕事で成果が出しにくい時こそ「挨拶」を改めて意識することで、
自分の意識や行動に違いが出ると思います。

ここでいう挨拶とは・・・

  • 相手の目を見る
  • なぜ挨拶をするのか意味を理解する
  • 意味を言葉に出す

その2プロは取り組みながら元気になっていく

→アマは取り組みながら疲弊していく

劇団四季では、プロはその瞬間を感動して生きるので、
すべてが発散と考えられているようです。

今やっていることが「何のため」やっているのか
理解できているからこそ、感動できるのだと思います。

モチベーションが下がっている時こそ「今やっていること」を
深く考えてもいいかもしれませんね。

その3プロは不調なときでも取り組みながら直していく

→アマは言い訳して休む

劇団四季のプロは休むことも仕事の一部だと考えているようです。

モチベーションが下がっている時に「ちょっと休息する」ことも
必要かもしれませんね。

  • 温泉
  • マインドフルネス(瞑想)
  • 睡眠時間を増やす

など、ちょっと休息できるポイントを考えて見ませんか?

その4プロは高い自己基準を持っている

→アマは基準が甘い

劇団四季のプロは、できなかったとしても理由を明確にして、
ギャップを詰めていくようです。

こんな意識でやっている自分は許せないと厳しい基準を
設けるとモチベーションを高められます。

その5プロは短期集中

→アマはだらだらやる

時間は集中によって自分で作り出せるのがプロです。

成果が出なくて「残業が増えていく」って、
確実にモチベーションを下げてしまいます。

でも「短期間集中」することで、
お仕事の効率化が図れて「成果を出す時間」を捻出できます。

その6プロはうまくいったら思いっきり喜ぶが「ハイ次っ!!」と切り替えが速い

→アマは喜ぶことに制限をかけ、喜びの余韻に浸る

劇団四季のプロは
「成果を出した時の喜びは半端ないけど、次の日には切り替えている」ようです。

過去の自分にすがらずに「今」を大切にすること、
より成果を求めて「モチベーションを高める」ことができます。

その7プロは常に改善し続け、エッジが取れないように意識する

→アマは現状に甘んじて、摩耗していることに気づかない

劇団四季のプロは
「常に進化する意識をもっている」ようです。

慣れてくると自分で安全の枠を決めて行動してしまうことがあります。
常に高いレベルの目標に向かって動いていると、
達成した → 次に行こう って気持ちになれるのではないでしょうか?

その8プロは明確な型をもっている

→アマは明確な型をもっていない

劇団四季のプロは、確固たる型を身につけてそれを礎に進化するようです。

仕事で成果を出していた時って「型」がパターン化されると思いますが、
成果が出せなくなった今こと「進化」させるタイミングなのかもしれません。

その9プロは一つ一つの行動や所作に意味があることを知っている

→アマは、自分の感覚でやっている

劇団四季のプロは、全てのことに意味があると捉えます。

普段の業務で「無駄に感じてモチベーションが下がる」きっかけとなる
お仕事はありませんか?
そういったことにも「意味」があるかもしれません。

その10プロは力まず、自然体

→アマチュアは力んで、みせようとする

劇団四季では、力むアマチュアと、力の入らないプロがいるようです。

もしかしたら今まで力みすぎてしまったかもしれませんね。
その3でも取り上げられていましたが「休息」も必要だと思います。

その11プロは自分をコントロールし、常に並を保つ

→アマは自分をコントロールできず、常に波がある

劇団四季のプロは、常に自分と対話をし、
自分を客観視しているようです。
俯瞰して見れるからこそ「モチベーション振れ幅」も
少ないのかもしれませんね。

外部からの影響で「モチベーションが左右される」と、
モチベーションが不安定になりやすい原因だと思います。

外部に影響されない本当の力を見つけられると
問題を解決できます。

まとめ

最後までお付き合いいただき本当にありがとうございました。
仕事のモチベーションを高めてくれる「劇団四季のプロとアマの違い」に
ついていかがでしたでしょうか?

成果・残業・給与って、自分の力だけで乗り越えられるものでは
ないと思います。
「プロ・アマ」の違いからわかることは、自分の影響を与えられる範囲内で
どのように意識して・行動をするかというところなのではないでしょうか?

外的な要因でモチベーションが左右されるなら「どんな状況になっても」
ついて回ると思いますが、自分自身がモチベーションの基になれれば、
自分自身で全てコントロールできると思います。

わたし自身も「外的な要因」がモチベーションの基準になってたと
改めて気づくことができました。
ぜひ同じように感じた方は一緒に「意識を高めて」頑張っていきましょう!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です