Sponsored Link

新入社員の本音は、「自分の時間」も「所得アップ」したい!じゃあどうする?

Sponsored Link

三菱UFJリサーチが2018年5月10日に発表した
2018年度 新入社員意識調査アンケート結果から見えた本音。
1,400名の新卒がなぜ「自分の時間」「所得アップ」を狙うのか紐解いてみよう。

参考:三菱UFJリサーチ&コンサルティング「2018年新入社員意識調査アンケート

新卒のみんなが考える気持ち
・長時間労働はしたくない
・プライベートな時間で副業も考えている
・能力に応じて給与UPさせてほしい

出典:2018年新入社員意識調査アンケートより

すりちゃん
残業なくて、給与増えるって最高だね!
管理人かわばた
う、うらやましい

 

長時間労働はしたくない!

出典:2018年新入社員意識調査アンケートより

東日本大震災があった2011年からワークライフバランスが変化していて、
「家庭やプライベートの時間を確保できる働き方」
「時間効率」を考えた働き方を希望する人が増えている。
参考:http://wwwa.cao.go.jp/wlb/research/shinsai/shinsai_shiryo.pdf
※彼らは、大学は高校1年、高卒は小学6年の頃に経験している。

就職活動時期には、電通で「長時間残業による過労死」があり、
長時間労働 = 好ましくないもの と捉えている人が多いようです。

管理人かわばた
残業を気にする人おおいね〜!
すりちゃん
そんな時代だよ時代!!

けど、残業で給与UPはしたくない!

出典:2018年新入社員意識調査アンケートより

ちょうど新卒の上司にあたる人たちは、残業をして給与をUPさせたいと考えていた世代。
今の新卒は、全く逆で「残業してまで給与をUPさせたくない」。
価値観の違いが大きく見えるので、教育するときにはぜひとも考えの違いに注意して欲しい。

管理人かわばた
仕事が残ってるなら残って頑張れよ!
すりちゃん
かわばた・・・それパワハラ。

プライベートの時間を確保して副業で所得を増やす両立型希望!

出典:2018年新入社員意識調査アンケートより

依存先に努めない働き方を望む方が増えています。
さて、どんな副業を希望しているのか

・趣味を活かした仕事
・メルカリ、カウルなどCtoCのアプリが身近にある世代だからこそ、
空き時間やスキルを活かして収入を得る方法を希望しているようです。
・さらに、フリーランスとしての働き方も興味がある様子!

自分の力で「稼ぐ」という点では、過去の組織に依存していた型よりも
会社から自立した考えを持っているかもしれません。

管理人かわばた
気軽に売買できるもんね〜!
すりちゃん
かわばたも頑張ろう

 

自分にできることを頑張って評価してもらいたい

出典:2018年新入社員意識調査アンケートより

やったらやっただけ、給与を上げて欲しいって考えは、新卒だけじゃなく、中堅社員も持っているのではないか?
会社の評価は、どこに基準を置いているのか、会社・評価者が働く人に何を望んでいるのか把握して
動かなければ、ズレることがある。
新卒の時期だからこそ、「頑張ったぶんだけ昇給させて欲しい」ではなく「何が評価されて、何を望まれているのか」を
考えて欲しい。
しかし、「何のために働くのか」常に考えなければ、いずれ「評価されない」と感じてしまいキャリアの危機を招いてしまうぞ!

管理人かわばた
評価基準ってむずかしいんだよね〜
すりちゃん
偉そうにいうなよ

まとめ

就職解禁時期が例年よりも遅くなり、就職活動に苦労した学生だからこそ、強い思いを持って努めていると思います。
本業で「所得アップ」のために、「評価されやすい最短ルート」をどうやってこなしていくのか、
副業で「自分の時間」を確保して、「所得アップ」させられるように能力アップさせていくのか。

全ては行動から始まりますので、モチベーションの高いうちに動いてみよう!

一緒に頑張ろう〜!

管理人かわばた
好きなことで生きたいいね〜!
すりちゃん
かわばたも頑張ろう
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です