Sponsored Link

つまんねー大人になったと気付いた時にやるべきこと

Sponsored Link

twitter上で、「人のチャレンジを否定するなんて老害だ」って言葉を目にしたんだ。
大多数の人は「否定」されることは嫌なことだと思っているけど、
否定する人は正義感・経験論・一般論を駆使して攻めている。

「否定」されても人の行動は変わらないし、むしろ「無気力」を生み出す。

子育てで例えるが、親心でつい子どもに、
「子どもがやっている行動を否定して意見を押し付けてしまう」親がいた。
子どもがどのような反応をとるか。反発して、無気力になってしまう。
逆に「肯定」すると、関係性がよくなり・挑戦力が湧いてくるようになるんだ。

このように、つまんねー大人っていうのは、自己肯定を下げてしまう人のこと。

実は意識してないと、自然「否定する」ことをやってしまうことがあるけど、
これを繰り返す人は「周りから人」が居なくなっていってしまう。
では、つまんねー大人になったと気づいてしまった時にやるべき3つのことを考えてみよう。

この記事を読んでざっくりわかること
・つまらない大人から脱却する方法は、当たり前なんてないと思うこと
・やること決めて、継続あるのみ

→この記事を書いている人の信憑性
国家資格キャリアコンサルタント保持、教育事業で事業部長の経験あり。→プロフィールを見る

つまんない路線からの脱却

会社でガミガミ否定してくる上司
Twitterで否定してくる知らない人
居酒屋でがっつり否定してくる先輩

など、否定された人は、こいつマジでつまんねーと相手に対して思って居たけど、
歳をとるにつれて、自分もやってしまってしまう瞬間があった。

先日、「居酒屋でぼくらグループに絡んで来た女の子」を否定してあしらった。
イケてる大人なら「一瞬の時間でも大切に関わって楽しい時間を過ごせた」であろう。

では、つまんない路線からの脱却するためには何をしたらいいのか?

相手のことに興味を持とう

「話し手に対して、興味・関心を持っている」と話してに気づいてもらえると、
コミュニケーションが円滑になります。
例えば熱中して話を聞いてくれて、リアクションがある人に話をしたくなりません?

話をしてくれている相手に向けて「私はあなたの話聞いてますよ〜」ってサインを送ることで、
肯定的な関わり方を育むことができます。

小さなコミュニティーを大切にしよう

意識しないとできないは、日頃からできていない。
小さなコミュニティーを大切にできない人は、
大きなコミュニティーに行っても人間関係がうまくいかない。
ビジョンだけを見つめなおすのではなく、毎日できることは何か具体的に決める必要がある。

3ヶ月継続しよう

3ヶ月継続することで、つまんねー大人が少しずつ変化します。
周囲から「ちょっと変わった?」と言われることは増えるかもしれませんが最初のうちだけです。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です