Sponsored Link

退職届・退職願のマナーと書き方・テンプレート|縦書き?横書き?

Sponsored Link

組織に属していると退職までの手順が非常に多いんです。
やめたい人「明日やめます」
お偉いさん「いいよ!」
ってな感じに上手いことはいきません。
では、どんな道のりがあるのか確認していきましょう。

退職する際の流れについて

ステップ1:退職の決意・理由を決める
ステップ2:上司に相談 → 理由を聞かれるので伝える
ステップ3:上司が、その上の上司に報告し「面談」
ステップ4:その上の上司に同じ理由を説明 → 合意
ステップ5:退職届を提出

・・・・かなり長いな!ってか面倒。
・・・・後ろではすごく人が動くんですよ。

会社の動き

退職決定!
会社:人材採用手続き → 採用活動開始 → 書類・面接試験 → 採用 → 保険類の手続き・・・・
上司:引き継ぎ対象者決め → 引き継ぐ内容まとめ → 引き継ぎ指導 → 8割できる状態になる・・・・

一人の退職者が出るだけで、大きな動きがあります。
ですので、会社も慎重に動きます。
もしかしたら、あなたの将来のことを考えて「引き止め」等あるかと思いますが、
ステップ1であなたの気持ちを固めた上で「後悔のないように」進めてください。

就業規則のチェックを忘れずに

・退職日はいつまでに「報告」が必要なのか・・・そのようなことが載っています。
法律では14日前までに退職の報告をしたらいいということになっておりますが、
就業規則では1ヶ月前と定義されていることがあります。
もちろん、法律の方が強いですが、円満退社を求めるなら会社の規定に合わせていた方がいいです。
円満退社にならなかった場合は、「噂」が回って後味が悪い状況になることもあります。

必ず上司に相談すること

・組織では「上司」を立てる必要があります。
一度、上司に話を通した上で「その上の上司」に伝えてもらってください。
あなたが動く手間も省くことができます。

退職届・退職願の違い

・退職届:退職します!もう残る意思はありません!と、届出る場合に提出します。
・退職願:退職したい!辞めさせてください!お願いします!とねがい出る場合に提出します。

会社との合意をいただいていれば、退職届を提出してください。

結局のところ、「理由を話す・面談」の手順が面倒だとしても退職の流れですから、
退職願を提出しても同じような結果になります。

より円満に退職できる方法は、「まずは上司に相談」することなのです。
万が一「上司が辞めさせない」と言ってきた場合は、その上の上司に相談しましょう。

退職届・退職願の書き方とマナー

横書き?縦書き?どっちなの

基本的には縦書きです。
・注意点は「数字は漢字」で記入すること
例:平成30年9月25日 → 平成三〇年九月二十五日

準備するもの

無地の便箋
白い封筒
ペン

退職届のテンプレート

退職届
私事
一身上の都合により、このたび平成三〇年九月二十五日に退職いたします。

株式会社琉球商事 貿易部 管理課 沖縄琉太郎 印

株式会社 琉球商事
代表取締役 社長 琉球太郎様

封筒の書き方・入れ方

表:退職届
裏:部署・名前

【Q&A】退職届・退職願について細かい点をまとめました

退職届内に退職後の連絡先入れた方がいいの?

雇用関係にありませんので、連絡先を入れなくて結構です。

退職の話を出した後、撤回できるの?

法律ではできることになっていますが、双方の合意後は難しいんじゃないでしょうか?
ですので、ステップ1を明確にしましょう。

PCは使えないの?

ダメではありませんが、1時間以内に終わる作業です。
一般的な方な方法「手書き」をオススメします。

まとめ

最後までお付き合いいただいてありがとうございました。
退職届の出し方についてまとめましたがいかがでしたでしょうか?

法律・他のサイトでは、もっと簡単だった!というような声もあるかと思いますが、
基本的に「ステップ1〜5」までの流れは欠かせません。
退職する人がいた場合に、さらに企業は強くなりますので、
「理由を説明しなければならない場」は設けられます。

円満に進めていくのであれば、「まずは」上司に相談してみませんか?

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です