Sponsored Link

人手不足で忙しすぎるから退職したい!今あなたに伝えたい3つのこと

Sponsored Link

お世話になった会社だけど辞めたい。
会社では、人手不足だからみんなで乗り越えよう!って言っている中だから
誰にも相談できなくて、時間だけが過ぎていく・・・・
→今日は人手が不足した会社の辞め方について解決します!

この記事を書いている人の信憑性
社会経験は約7年で2社。人材会社の主任、
児童障がい福祉事業の事業部長を経験しました。
キャリアカウンセラー 、国家資格キャリアコンサルタント所持

この記事で伝えたいこと
・会社はあなたが辞表を提出した後から動き出す。
・迷惑のかけない辞め方を一緒に考えよう!
・退職した後どうしたいのか考えてみよう

わたしも退職するまでにすごく悩んだ経験があってすごく悩みました。
でも、退職したいというその気持ちが出ている以上、
今後どうしたいのか、真摯に受け止め前向きに考えてみませんか?
よかったら、最後までお付き合いください。

人手不足を気にして会社を辞められない人の特徴

自己中心に物事を考える方であれば、
どんな状況でも会社に辞表を出すことができると思いますが、
他者のことを考えてしまう方だからこそ、悩んでしまいます。
あなたはこの中のどの特徴に当てはまりますか?

責任感が強くまじめ

「自分がいなくなったら」この会社はどうなるんだろう。
そんなことを考えてしまいます。

例えば、
自分がいなかったら、他の人に仕事が振られて迷惑するん座ないか
自分がいなかったら、会社が回らなくなってしまうんじゃないか。
自分がいなかったら、誰が新人さんに教育するんだろう・・・

と、「あなたがいなかったら」会社に大きな打撃が出るんじゃないかと
責任感が強くて、真面目な方こそ考えてしまいがちです。

自分のことより相手のことを考える

自分が苦しくても相手のことを心配したり、
人に負担をかけさせまいと自分に負荷をかけてしまう方です。

例えば、
仕事をたくさん持っているのに、新人さんをサポートしてしまう等

社歴が長い

ずーっと「やりたいこと」に対して想いを持っていたけど、
タイミングをなくしてしまい、「今動きたい」そう思っても
なかなか勇気を持てない方です。

かわばたが昔、勤めていた会社でも、「社歴が長くて面倒見がいい人」ほど、
飲み会の席では、みんな揃って同じことを話してくれました。

「辞める時期を逃してズルズル」きてしまったよ。
「やりたいことがあるけど、もういいかな」って。

あなたが辞めたいと会社に伝えることで動きだす

会社はあなたが退職したいと伝えた後から、退職しても大丈夫なように準備を整え始めます。
それも急ピッチで業務を進めていきますので、退職するまでには
最低でも8割以上の引き継ぎが終わり、退職しても問題のない状態なります。

あなたが退職しても大丈夫なように人材採用の活動を始めます

会社の仕組みは、退職者が出た場合に「人員募集」をかけます。
つまり、「退職する旨」を伝えたら動き出すんです。
今は、みんなで負担しあって「現場が回っていた」かもしれませんが、
目に見えて回らなくなるのであれば「本腰を入れて」採用活動をします。

・・・求人募集の費用ってすごく高いんですよ。
僕が以前勤めていたところでは「週間/12,000〜320,000円」くらいの金額でした。
実は、人手不足の会社でも予算があれば継続的に募集しますが、中には諦めてしまうところもあるんです。

つまり、あなたの決心が決まって「退職の旨」を伝えると、
求人募集 → 人材が応募する → 採用 という歯車が回り始めます。
有望な方が複数名きた場合は、もしかしたら「多数採用」するかもしれませんので、
あなたの決断のおかげで「人手不足」の解消もできるかもしれません。

あなたが退職しても大丈夫なように上司が慌ただしくなります

上司が退職日から逆算して、引き継ぎリストを作成したり手順を考えます。

もしもあなたが上司なら、
自分で引き継ぎ工程を作成したり、後任極め会議などを進めていく流れになります。

あなたが退職しても大丈夫なように同僚・後輩が動きます

上司が作成してくれたリストをもとに、後任の引き継ぎを行っていきます。
この期間は忙しいと思いますが、引き継ぐ方が覚えないと「責任問題」になるため
みんな頑張って作業を覚えます。あなたもしっかり教えてあげる必要があります。

退職を伝えると環境が整う

どんなに人手不足の会社でも「退職者」が出ることが確定すると歯車が回り始めます。
つまり、退職者が出ても「どうにかなる」ということです。

人手不足の会社を辞めるために最も大切なこと3つとは

迷惑をかけないための丁寧な引き継ぎ

・業務の洗い出し、データの整理整頓は必ず必要です。
上司と相談しながら「次の方の迷惑にならないように」進めていきましょう。

ここで無責任なデータまとめや、手を抜いた引き継ぎをしてしまった場合は信用に関わります。

自分のことを優先する

本当に大切なのは、これからどのように動いていくかということです。
辞めたいと思った理由は、新しい道にチャレンジしようと思ったからでしょうか?
それとも、レベルアップのために転職を考えたのでしょうか?

会社のことは、きっと大丈夫です。
あなたにとって納得できる道を進めるように考えていきましょう。

意外とすぐ思い出さなくなる

どんなに思い入れがある会社でも1週間も経てば、
嘘のように「業務」を思い出さなくなります。

辞めた後だからこそ言えることだと思いますが、
もっと早く退職するべきだった 等、
思いもしなかったことを考えることもあります。

まとめ

本日も最後までお付き合いいただき本当にありがとうございました。
人手不足の会社を辞めにくい現状はあると思いますが、
あなたが辞めると言った後から会社は動き始めます。

今は人手不足かもしれませんが、継続した求人募集を通して
補充要員が必ず出てきます。

あなたは自分のことを優先して、1回きりの人生を有意義できると
今まで以上に人生が楽しくなるのではないでしょうか?

ぜひ検討してみてください。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です