Sponsored Link

モチベーションを上げるためにハードルを下げる考え方

Sponsored Link

理由はわかってるけど、
腰が重くてモチベーションが上がらない・・・・
ぶっちゃけ、それ!やらなくてもよくない?って最終的に思ってしまう・・・
→そんな悩み解決します。

何かにチャレンジする時って、
「自分との戦いだ!」って言われますけど、
そんなときの自分って世界チャンピオンレベルに
強くて負けちゃうんですよね。

んで「やらない」

何かにチャレンジしようと思った時って、
一番最初は「できない」から辛いけど、
徐々に「できるように」なるまでは本当にきつい!
ただ、できるようになって振り返ると、
どうってことないじゃん・・・って思います。

じゃあ、なにをしたら「最初の動き出し」ができるようになるのか。
腰が重くても「モチベーション」を高める方法を伝えていきます!

かんたんにできるモチベーションアップ

受験勉強きつかったけど、
振り返ったら「自分できたじゃん!」
大変だったけど、今思えば「どうってことなかったな」とか。

そんな経験はありませんか?
頑張った分だけ、「自信」につながりますし、
「振り返る材料」にすることができるので、より動き出せる材料を作れます!

でも、動き出しだけがほんと大変なんです。
そこで簡単なモチベアップ法を伝えます!

30秒だけやってみる

例えば、勉強なら机の前に座る。
ダイエットなら、着替えてジョギングの準備をする。

など、目的のやりたいことに対して「動ける」状態にしていきます。
第一のやってみるは簡単でしょ?

・・・・微妙!?
ならもっと簡単な方法があります!

動き出しで悩むまないようにハードルを下げる

前日に準備まで終わらせて、動き出せる状態を作ります。
上の例でたとえると、勉強なら前日に「机に勉強道具を用意する」
ダイエットなら前日に「着替えとジョギングルート」を決める。

第二のやってみるも簡単でしょ?

・・・微妙!?
ならこれはどうだ!

やる範囲を決めてちょこちょこやる

やりたいことを細分化して、今日はここまでやろう!とか、
できる範囲で設定していきます。

勉強なら→1ページだけやろう。1問だけやろう。
ダイエットなら→300歩だけ歩こうとか。

できたら、○を与えて、小さなことから自分を褒める。
褒めることで「やってみようかな」という前向きな気持ちになることができます。

小さなことですが、やる気が上がる!

まとめ

最後までお付き合いいただいて本当にありがとうございました。
腰が重くてモチベーションが上がらないへ!ならハードルを下げてみませんか?は
いかがでしたでしょうか?

堀江貴文さんも「ゼロ」で言っていましたが、目標達成するには細かく作業を分けて
できるようにしていこうって!

作業のハードルを下げることは、自分の自己肯定感をたかめることができますし、
次の行動に起こしやすい!それで、褒める!褒めて褒めて褒めまくる!
やる気アドレナリンが分泌されますのでオススメですよ〜

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です